個別株(海外) 銘柄分析

【米国株】マイクロソフト(MSFT)の銘柄分析

今回は、私が主力で投資している米国のマイクロソフトを紹介します。

マイクロソフトは米国のソフトウェア大手で、「GAFAM(ガーファム)」の一角です。

アルファベット(グーグル)(G)、アップル(A)、フェイスブック(F)、アマゾン(A)と並ぶ世界のIT市場トップ5に君臨します。

福ねこ
S&P信用格付けで、最上位の「AAA」に位置するのは世界でたった2社しかありません。 一つ目はこのマイクロソフトで、もう一社はジョンソン&ジョンソンです。

ところで皆さん、パソコンは使ってますか?

ビジネスでの使用はもちろん、家庭用でも使用している人が多いと思います(私ももちろん使っています!マイクソフト製品なしでは仕事になりません)。

皆さんご存じのOS「Windows」やビジネスで必須の「オフィス(エクセル・ワード・パワーポイント・アウトルック等)」を始め、近年はクラウドサービスの「Azuru(アジュール)」が成長をけん引しています。

また、ゲーム機のXboxも順調に伸ばしていますね。

財務状況

それでは、財務状況を見ていきましょう。

売上高・営業利益ともに順調に伸びています。

営業利益率も高く、30%を超えています。

そして、近年は営業利益率が更に向上しており、37%まで上昇してきました。

非常にいい傾向ですね。

それでは続いて、配当を見ていきます。

配当は、毎年堅調に増加していて、17年連続で増配しています。

増配率は10%前後とまずまずです。

配当利回りは、0.89%と低いですが、増配しているにもかかわらず配当利回りが上がらないのは、それ以上に株価が上昇しているからです。

福ねこ
ハイテク大手(アルファベット、アマゾン、フェイスブック)が無配の中、マイクロソフトは配当を出している(しかも連続増配)ので、株主としてはうれしい存在ですね。ちなみに、アップルも株価が上昇したため配当利回りは0.62%と低いですが8年連続で増配しており、マイクロソフトと共に頑張っていますね。

そして、マイクロソフトの配当性向は50%を超えていましたが、近年減少傾向にあり、30%台まで下がってきました。

増配余力を残している証拠ですので、これからも継続的に増配が期待できますね。

だんだん「配当貴族」の背中が見えてきましたね。

25年以上連続増配!期待しています!

株価チャート

では、最後に株価チャートを見てみましょう。

 

うーん、すばらしい! 惚れ惚れするチャートですね。
柴いぬ

2012年頃に30ドル付近だった株価が、2021年4月には250ドルを突破しました!

長期的にほとんど押し目もなく、継続して上昇トレンドを描いています!

特に2017年からの伸びが加速し始め、2019年以降は凄まじい上昇率ですね!

これはVISAと同様、「買ったら最後、買い増しはすれども絶対に売ってはならない!」とチャートが言っています。

2020年初期にはコロナの影響で一瞬だけ下落しましたが、すぐに回復し、何事もなかったかのように上を目指しています。

福ねこ
マイクロソフトは、これからも世界のIT業界を強力にリードしながら「キャピタルゲインとインカムゲインの両取り」が狙える銘柄なのです!

 

私はこれからも、主力銘柄としてマイクロソフトを買い増していきます。

ビジネスでもプライベートでも無くてはならない存在ですし、ユーザーとして応援していきます。

マイクロソフトは皆さんにも是非おすすめしたい会社です!

↓のボタンクリックで応援をお願いします。記事作成のモチベーションアップになります!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

 

-個別株(海外), 銘柄分析

© 2022 「福ねこ」の株式資産の育て方